蛙池 かきつばたと睡蓮

蛙池 かきつばた
蛙池 睡蓮

カエル君とチビガエルが池に釣りをしにやってきましたよ。

というわけで、1個下の記事のマグカップの元絵です。マグカップ売ってますので興味のある方は商品ページを見てみてね。→「蛙池 かきつばたと睡蓮マグカップ ∞ SUZURI

ちゃんと絵を完成させたのがものすごく久しぶりな気がするのですが、なんだか久しぶりにとても楽しくもあったのです。こういうの初心忘るべからずというのでしょうか。ちがうか。

SUZURIでマグカップ作ってみた

画像UPするだけでいいという手軽さに引かれて「SUZURI」でマグカップ作ってみました。前々から作ってみたかったのですマグカップ。

SUZURI」は画像をアップロードするだけでマグカップやTシャツなどのグッズが作れるうえに販売もできるというサービスです。販売してるグッズは当然ながら1個から買えるので、例えば自分で作ったオリジナルマグがほしいなと思ったら、画像を作ってUPして自分で1個買えばいいのです。これは便利。(ただし画像は公開されるしグッズは他人も購入できる点は注意が必要。他人に買われたら困るものはUPしてはいけない。)

注文から4日で我が家にやってきたマグカップ。詳細は以下の通りなのですが、あくまで私のところに来た個体がこうだったという話であって、すべてのマグカップがこうだというわけではない(かもしれない)ということをご了承ください。

蛙池マグカップ説明画像

品質はそれなりという感じでしょうか。あまりに細い線は印刷されない(最小0.1mmまで)という点が不安でしたが、不安だったところもちゃんと印刷されてました。どちらかというと細かい柄がこみ入った模様なんかの方が厳しいのかなという印象です。しかしどちらにせよ、私の絵柄ならこの点は気にしなくてもよさそうです。

そのかわり、線が太ったというか、全体的に輪郭がにじんだ感じになってました。また、色はきれいに出てますが、下端で少し薄れてる感じがします。どちらもすごく気になるというほどではないですが、次またSUZURIでマグを作ることがあるとしたら、これらの点をふまえてきれいに印刷されそうな原画を作る工夫が必要そうです。

あと、これは本当に個体差だろうと思うのですが、取っ手にキズが入ってました。ちょと悲しかったですよ。マグ自体は大きさのわりに軽目でフツウに使いやすそうです。

完成したマグについては、私としては納得のいく出来と思いました。上にあげた不満点も普段使うぶんには気になりません。しかし正直なところお値段としてはお高めではあります。自分用のマグを作るだけなら、手間はもっとかかるものの料金はお安いサービスがありますし。

ただ、マグを販売するサービスとして考えたら、画像UPするだけでいいというのは非常に楽チンでいいですよね。在庫抱えなくていい+製造・販売・配送全部やってくれてこのお値段というのは、むしろオトクかもしれないです。こういうサービスがもっと広まって、私の好きな作家さんの製品が気軽に買えるようになったらいいのになーと思います。

それはそれとして、マグ作るの超楽しいと思いましたので、また何かしら作ってみたいですねー。今度は比較のために別サービスを利用してみようかしら。あとそのうち余裕ができたらTシャツ作りたいです。

2014/07/13追記 : だいじなところがぽつぽつ抜け落ちてたので、本文に書き加えました……。