AzDrawingで色塗り

こふたはなこさん

AzDrawingのみで下書きから色塗りまでやってみましたよ。減色のみ他ソフトで。

レイヤ設定で線の色を指定して、色ごとにレイヤを作って塗っていけばいいわけです。油断していると物凄い勢いでレイヤが増えていくので、どの色のレイヤを上にしたら効率がいいかとか考えながら塗らなくてはなりません。できないことはないけど普通に色塗り用ソフトを用意した方が楽という感じでした。そもそも線画用のソフトなんだから当たり前ですね。

どうでもよいことですが、レイヤのメニューにある[ファイルから読込]は覚えておくと便利かもしれないと思いました。たとえばテクスチャ敷き詰めた画像とかテキスト打った画像とか用意しておいてレイヤに読み込めば、AzDrawingでもトーン貼りやテキスト入れができます。あとキャンバスごと回転させた画像のスクリーンショットを撮る→MSペイントとかで必要部分のみ切り出してファイルに保存→ファイルから読込で、AzDrawingにはない細かな回転機能を補完できないこともないです。

しかしそこまでしてAzDrawingであれこれやりたいかというと、どうだろう……。AzDrawingのよいところはあくまでも手描きの線がきれいに気持ちよくかけるところなので、あんまり小細工を弄するのは邪道というか、AzPainterでやりなさいよという気もします。

絵のおふたりは絵本の『こぶたはなこさん』シリーズから、こぶたはなこさんとこりすすみえさん(イメージ)。絵本を整理した際に『こぶたはなこさんのおべんとう』が昔お気に入りだったなと思い出したのですが、肝心の本が見つからないのでうろ覚えで描きました。絵が可愛かったことと、おべんとうがものすごくおいしそうでうらやましかったことだけはよく覚えてるんですが。探すより買い直した方が早そうだし、買っちゃおうかなー。

カテゴリー:らくがき タグ:イラスト 二次創作
posted by frogcroaks at 2009年05月09日 | Comment0