シャロン・アップル

Sharon apple,Macross Plus

『マクロスプラス』より電子の歌姫シャロン・アップルさんですよ。ちょっとうろおぼえ気味。

みっくみくとかマクロス新作とかのおかげで、何かと思い出す事の多いシャロンさん。マクロスプラスのOVAが出た当時、アニメージュかなんかでイラストを見て一目惚れしたキャラでした。ビデオはお小遣い的に厳しいしそもそも売ってる店がなかったので、仕方なくたまたまみつけたサントラCDだけ全部買ってしまうという、キャラしか知らないのによくそんな事できたな的な行動に出たのもいい思い出です。あれ以来菅野よう子が好きになったというか、作者の名前を気にするようになったのでした。

CDは今でもよく聞くんで、あの時お小遣いケチらず全部買った自分は誠にGJ!でした。自分の人生の中でも数少ない、心から褒めてあげられる行動です。いやな人生だな。しかしあれからもう10年以上経ってしまったのか。光陰矢のごとしとはよく言ったものだなぁ。

後に友人がビデオを貸してくれてOVA版を見る事ができましたが、物語の本筋はわりとどうでもよかったというか、ひたすらシャロンばっかりみてたような。おかげさまで内容が非常にうろおぼえ。そんな複雑な話でもなかったはずなんだけど……。DVDBOX出てるみたいだしもう一回ちゃんと見直そうかな。

若草色のイチゴちゃん

若草色のイチゴちゃん

若草色ワンピのイチゴちゃんですよ。

描くたび顔やら体型やらが違うのを何とかしよう、しようと思いつつ、なんともできないままここまで来てしまった当サイト看板娘のイチゴちゃんですが、もう開き直ってそういう仕様だという事にしてしまおうかしら。一番最初の絵と見比べたらもう完全に別人です。キャラ紹介のページとか作ろうと思ってたんだけど、結局やらないままだし。なんとかしよう。

ついでに、faiconに使ってるイチゴちゃんのドット絵が、いつのまにか左右反転してた。前髪の分け目が逆だよなんでなんだー……って、まぁ私がやったに違いないんですが。こっそり直しておいた。

ふわり

ふわり

ふわり、春風に乗って。壁紙サイズ(1280*1024)もあるよ。

背景は一個前のエントリのポピーです。この絵の背景として描いたポピーに多少手を加えて壁紙にしたのがアレなのでした。

前々から自分の絵に白目と眉毛と鼻がないのが気になってたので、元の絵柄の雰囲気を残しつつそれらを加える事を目指してみました。白目があるだけで劇的に人間らしくなった!!……ような気が。頭でかくなりがちなのがいっこうに直らないのが困ったところです。まぁのんびりがんばろう。

壁紙「ポピー」

鮮やかな赤とオレンジのポピーの花の壁紙です。

庭に咲いてたヒナゲシがモデルです。実物は茎や蕾に剛い毛が生えてます。虞美人草とはこの花のことなんですねー。

そろそろ道端にナガミゲシ(オレンジ色の小さな花が付くケシ)が咲く時期です。民家のそばとかならともかく、付近に花壇もない工場の脇に生えてるのを見ると、どうやって種を飛ばしたのか不思議になります。植えてはいけない種類のケシが川原に自生してたとかいうニュースも時々見ますし、ケシって広がりやすいんでしょうか。庭に植える際はうかつに種を飛ばしてしまわないよう、注意しないといけないかもですね。